nagapong’s blog

飲んだビールについて書く。ご意見はTwitter @nagapongへ

サイレーン バーモント・ティー・パーティ ペールエール

アールグレイ茶葉を使ったペールエール 茶葉を使ったビールと言えば、ニュジーランドはイースティボーイズの「グンナマッタ・ティーIPA」が思い浮かぶところですが、このペールエールはお茶のフレーバーは弱め。 レモンも入っているようですが、軽めのスパイ…

志賀高原ビール 志賀高原IPA ハーヴェスト・ブリュー

ブログ書くのすっかり忘れてたわ 志賀高原IPAのハーヴェスト・ブリュー 違いは首ラベルにある「フレッシュ・ホップ」の文字。 志賀高原ビールを造っている玉村本店では国内醸造所としては早くからホップの自家醸造を始めており、その自家の取れたてホップを…

ファウンダーズ モザイク・プロミス ペールエール

「ファウンダーズ」であってるよね……? 輸入業者のナガノトレーディングが鳴り物入りで輸入を始めたという噂のファウンダーズのビール。 まあ半年前にファイアストーンウォーカーの輸入を始めたときも相当鳴り物入れてたっぽいんだけど…… けやきで派手に出し…

松江ビアへるん ゼウス・ビター

けやきひろばで飲みたかったがすでに完売していたこちらのビール、物販に出てたので購入。 島根県の松江で「縁結ビール」などを作っているところですね。 カスケードの二世代前の原種に近い「ゼウス」を自家栽培してドライホッピングも使用しているそうです…

けやきひろば 秋のビール祭りに行ってきました

もうすっかりビアフェスとして定着した感のある、けやきひろばビール祭り。 今年はスーパーアリーナ内、屋内での開催でした。 実は国産クラフトが好きな私にとって、こういう普段ボトルで出ていない醸造所のビールが飲めるのはとてもありがたい思いです。 と…

ホルゲート・ブリューハウス ホピネイターIIPA

オーストラリアの割と新しめの醸造所のダブルIPA。 このビールは私の飲んだ中で今まででもっとも美味しいダブルIPAの一つ。 アルコールの甘みやホップの香りが主張しつつどれもやりすぎないで全体としてバランスよくまとまっている、と文章にするとふつうっ…

AQベボリューション 4周年記念イベントに行ってきました

大塚のビアキャッツと合同で直営してるTitansにて行われた、ビールインポーターAQベボリューションの四周年記念イベントに行ってきました。 個人的にAQさんの入れるビールは好きな銘柄が多くて、特にレボリューション、スティルウォーター、ラッキーバケット…

ロコビア 印旛(InBA--India Black Ale)

これほんとに商品名あってんのかな、あってんだろうけど。 インディアブラックエールと地名をかけて印旛。ほんとならImbaだもんね。 この前の「ユーカリナーヴァイス」もスタイルのベルリナーヴァイスとユーカリが丘をひっかけたやつだろうし、そういうのが…

パラレル49ブリューイング ジャークフェイス9000

カナダのビールを飲みました。 個人的にカナダは好きな国なので、あまり流通の少ないカナダのビールが出てるとつい買ってしまいます。 スタイルは「モザイクホップ・アメリカンウィート」ということですが、ぶっちゃけて言うと割と無難な仕上がり……という感…

お詫びと訂正

先日飲んだ「アイパーキング」、ワイマーケットのビールと書きましたが鬼伝説のビールだったそうです。 ワイマーケットと鬼伝説のコラボではなく 鬼伝説とワイマーケットのコラボでした。 謹んでお詫び申し上げます

ベアードビール ライジングサンペールエール

ご無沙汰しております。 今回はド定番です。 このブログにもちょくちょく出ているベアードビールですが、限定品に限らず定番品も質が高いビールが揃っていると感じます。 スタイルもラガーからペールエール、IPA、インペリアルIPA、スタウト、ポーター、アン…

コエド「梅雨セゾン」とワイマーケット「I.Pa-king」

コラボもの二つ。 I.Pa-king 名古屋のワイマーケットと北海道の鬼伝説のコラボ第二弾。 第一弾はI.pa-(アイパー)というIPAだったが、それをさらに強化してアイパーキング、アルコール度数9.3%のビールとなりました。 鬼伝説はよく推してますが、これはま…

ベアードビール 日本物語エール

ベアードのこれも限定の日本物語エール。 もうだいぶ前に飲んだやつだからあんま覚えてないけど、おだやかな酸味があって優しい味わいだったと思います。 ちなみに英語表記はjapan tale aleらしいです。 ベアードは重めのビールも軽めのビールも美味しくてい…

酒を減らすことにしました。ファンクワークス セゾン

最近日本に上陸した、セゾンを中心に作っていることで話題のファンクワークス。 新しいもの・話題のものに弱い俺としては、飲んでみなくてはならない一品であった 味は、ややボディ強めかな?思ったより酸っぱくなかった印象。 しかし、セゾンって農家がのど…

ベアードビール沼津フィッシュマーケットタップルームで

ジョイ・デ・ビブレと静岡エールを飲みました。 ほんとは定番のライジングサンとかスルガベイとか楽しみたいんだけど、ついつい限定ものに手を出してしまう……そして酔っぱらって終わってしまう。 この日も疲れてたし、二杯とフードですごすご退散。 駅まで歩…

京都で京都醸造のビール飲もうと思ったけどうまく行かなかった話

帰省中、暇だったので日帰りで京都に行くことにした。 名古屋の自宅から京都まで三時間程度。 急に決めたので行きながら詳細を調べる。 新作「小麦畑でつかまえて」がこの日から京都で販売開始とのことで、これが飲めればいいなと思ってた。 京都醸造の工場 …

モダンタイムズ アイアンサンライズ

お盆で帰省中、最近母もクラフトビールに興味がわいているということで大きい瓶をチョイス。 母も大変気に入っておりました。 IPLはIPAよりも飲みやすくて結構好きかもしんない。

ラグニタス アント・サリー

ラグニタスのサワー エピックのタートジューシーは少し柑橘系の皮のような渋みとか苦みがあったんだけど、ラグニタスのこちらはホップ感が強めで酸味は強すぎないので、初めて飲むサワーに最適かもしれない。 ゆったり飲める。度数も5.7%でちょい高ぐらい。…

ワイマーケット セッションIPL

ラシックでボトルの販売もやってたので買ってきました。 きれいでおいしい。ただここまでいくとあんまりほかの同じビールとの違いがはっきり言えなくて難しいよね。 柑橘系のニュアンスは爽やかでよいです。

ワイマーケット じゅういち

名古屋の栄ラシックで、オープン11年記念催事の一つとしてクラフトビールのイベントをやっていて、 その中でワイマーケットの特別醸造「じゅういち」が出てたので飲みに行きました。(もう先週の話だ) ホッピーなペールエール。 限定醸造はいいんだけど、普…

箕面ビール スタウト

写真はない。有名なので探したらすぐでてくるしいいよね。 箕面スタウトは自分にとって飲んだ量が一番多いビール。 まだクラフトビールにわかだった頃に友達と大阪府箕面にある箕面ビールの工場に行って、ついてからスタウトが看板だと知った。 そのときはア…

グリーンフラッシュ シー・トゥ・シー ラガー

月間PVが100を越えましたって通知が来てうれしくなってリアルタイム更新。 ぶっちゃけ100って全然大したことないんだろうけど通知されるとうれしいよね。 さて、帰省しがてらのラガー。 実はこれ二回目リピート。クリアながらしっかりとした味わいでのんびり…

ミッケラー アーヴァ!?

ミーハー的な言い方だけど、「これは飲んどかないと」的なやつだと思うんですよね。これは。 ミッケラー 「アーヴァ!?」は、「オルヴァル」へのリスペクトを込めて作られた(と言われる)ベルジャンペールエール。 と言われるというか、トラピスト認証マー…

半ば独り言

エリジャン ホップヴァイン エリジャンはルーザーが一番美味しかったなあ。。また輸入されないかな。 新しいインポーターさんのテスト輸入品?スペインのビール。 ヘーフェヴァイツェン、ペールエール、アンバーエール。アメリカ的なクラフトに合わせようと…

エイブリー ピーツィックセゾン(読み方あってるか不安)

ピーチを使ったセゾン。 元々酸味のあるセゾンにピーチフレーバーがよくマッチしていて非常に出来の良いビールだと感じました。これはリピートありだな。 気持ち良く飲める。

飲み屋で、

これと鞠花飲んだけどあんまり覚えてないね 鞠花いつも飲んでるからあんまわかんねえけどうまいからおすすめだよ。今はHubとかでもゲストで飲めるんじゃないかな?

ちょっと前に飲んだ ニューベルジャン ヘビーメロン

最近忙しかったんだよね。 見た目通りのスイカ味、アルコール度数も低く気持ち的にはスイカジュースでした。 スイカを使ったビールで忘れられないのは21st amendmentのヘルオアハイ・ウォーターメロンなのですが、それにはかなわないなと言う感じ(個人の感…

これが最後 アルパイン ホッピーバースデイSIPA

たいていこういうネーミングのビールはクソみたいにホップえげつない奴なんだけど、セッションIPAだからゆるめなのかな?と思って飲んだらまあセッションIPAとしてはかなり強めの奴だった。 二郎がきつい人に少しマイルドめな二郎、そういう感じだと思います…

順番わかんなくなってきたけど ブーン ブーン・グース・マリアージュパルフェ

ビール自体は何度も飲んでるけども。 ブーン・グースの特別品で、年代の違う二種類のランビックをブレンダーが目と鼻と舌を利かせて最高のものをブレンドしたということで、「マリアージュパルフェ(完璧な結婚)」の名前が付いています。 詳しくは他にもっ…

その前に飲んだ一杯目 ミッケラー ラーメンとビール ベルジャンブロンド

二回目。相変わらず美味しい。 聞いた話だと、この、ミッケラーのラーメンビールバーで出しているラーメンの質は、いわゆる「海外の日本食」みたいな感じでそんなにしっかりとしたものではないらしいです。。 。